大学のキャンパスを舞台にしたFPS
Unityを使って開発したこのFPS(ファーストパーソンシューティング)は、初めて作ったコンピューターゲームです。象徴的な大学の建物を中心に、迷路のようにステージは広がっています。
本ゲームは大学のサークルの企画として製作されました。開発においては、企画の立案、UIデザイン、キャラクターデザイン、レベルデザイン、モデリングやアニメーションなど、視覚にかかわる全ての部分を担当しています。その他のシステム設計やコーディングに関しては、サークルメンバーに力を借りて作り上げました。
Developed using Unity, the FPS (first-person shooting) was the first computer game to be created. Centered around a symbolic university building, the stage spreads out like a maze.
This game was created as a project of a university club. In development, I am responsible for all aspects related to vision, including planning, UI design, character design, level design, modeling and animation. The rest of the system design and coding was done with the help of our circle members.

Back to Top